国政報告

1 2 3 4 5 6 30

国政報告(第456号)

 先週末の寒波で、富山も9日(日)の朝は雪化粧となり、挨拶回りで伺った五箇山では20cmの積雪でした。東京も銀杏の樹々が葉を落とし、冬景色の風情です。

 臨時国会(第197国会)は、当初の通り10日(月)に閉会しました。内閣提出の新規案件は全て可決され、成年後見人に係る継続審査の法案を残すのみです。この間、6日(木)からの出入国管理法等改正法案と漁業法案の参議院での大詰めの審査過程では、法務委員長に加えて堂故農林水産委員長の解任決議案も提出されました。温和な物腰で知られる堂故議員だけに、院の厳しい雰囲気の中で私には思いもよらぬ事態でした。明けて7日(金)は参院本会議が断続的に開かれ、二つの解任決議案が否決された後、山下法相、安倍総理の問責決議案の提出、否決を経て、8日(土)午前4時に全ての法案を可決するに至りました。7日は衆議院も内閣不信任決議案の提出に備えて本会議が設定され、休憩状態のまま与党議員には「禁足」(連絡できる状態で在京している事)の指示が出ました。私は宮城県に出張・宿泊の予定でしたが、取り止めとなり、午後11時55分に再開した本会議に出席しました。大島議長が日付を超えて8日も本会議を続行する旨、「延会手続」を宣言されて休憩となり、議員会館で待機するうち、参院本会議が再開され、不信任案の提出見込みが薄れたため、午前0時40分で禁足が解かれ、宿舎に帰宅できました。会期末の参院は厳しい状況になることが間々ありますが、今国会も2日間にわたる苦労がありました。

 経済界を中心に、厳しい人手不足を背景に導入が強く望まれた新たな外国人労働力受け入れシステムでしたが、国会審議の過程では、現行の外国人研修生制度の悪しき運用事例が明るみになりました。このため、新制度の施行に当たっても、細部のルールを事前に示すよう政府に要請する事となりました。我が国の国籍を持たない外国人の方々が日本国内で苦労されている点について、与野党を通じて認識を新たにした訳で、新たな5年間の在留資格についても、日本語能力や技術力の基準を満たすことや、受け入れ企業の責任の重さなど、制度の適正な運用を注視していく必要を痛感しています。

 8日朝の新幹線で仙台に向かい、名取市の復興公営住宅完成式典に出席がかないました。地震・津波で甚大な被害を受けた閖上地区の復興方針を巡り、厳しい意見の対立を山田市長と市議会の皆さんが苦労されてまとめられ、全戸完成・入居の日を迎えられた事、前任時に関わった立場から労いの思いを込め、復興庁としての挨拶を述べました。午後には大宮経由で富山に戻り、地元6市の市議会議員有志の会(慶政会)で復興の現状について報告する機会を頂きました。13日(木)からも、福島県、岩手県の被災地に伺い、現況把握に努めていきます。

カテゴリー: 国政報告 |

国政報告(第455号)

 師走に入って急に暖かくなり、汗ばむ位かと思う内、週末に向けては一気に気温が下がり、降雪も予想されるようです。臨時国会は10日(月)の会期末まで今日(6日(木))から実質3日間となり、出入国管理法等改正法案が参議院で採決のヤマ場を迎えています。内閣不信任案の提出が取り沙汰されるなど、荒れ模様の印象が強いですが、内閣提出案件は、漁業法改正法案や日EU経済連携協定批准など全て成立の見込みです。衆院国土交通委員会では、トラック事業者の皆さんから運転手の働き方改革のために強い要望のあった貨物自動車運送法改正法案が全会一致で可決されるなど、立法府としての役割も与野党協力して果たしている旨、報告します。

 先週末の1-2日(土-日)は、埼玉県秩父市で全国山・鉾・屋台保存連合会の総会が開催され、現在、副大臣就任のため会長職を休止している私は夕方の懇親会と翌日にかけての祭礼見学に参加しました。開催地の秩父夜祭は、江戸時代に名産の絹の市を盛り上げることから豪華絢爛な屋台と笠鉾が師走の街を練り歩く秩父神社の祭礼として大いに発展したものです。各町の役員が明るい色のいなせな着物を着流しているのも、秩父の特色であり、名産の絹織物「秩父銘仙」をアピールしているものと思います。全国の重要無形民俗文化財の祭礼関係者が一同に会し、心意気を分かち合う本総会は、来夏は青森県八戸市で開催する事となりました。

 富山にワンタッチして東京に戻り、4日(火)午前は衆院の東日本大震災復興特別委員会で3時間の質疑があり、税制、復興五輪の取り組みの2問に答弁しました。午後から5日(水)にかけて、渡辺大臣に随行し、福島県浜通りに出張しました。初日の夕刻は、富岡町、楢葉町、広野町、川内村の町村長さんと懇談の機会を持ち、有害鳥獣対策としての森林整備の促進、イノベーション・コースト構想の下での若者世代の人材育成、新たな特産農産物の開発など、多様な意見交換ができました。5日は大熊町で整備されている中間貯蔵施設を見学した後、東京電力福島第一原子力発電所を訪問しました。私にとっては、前任の際、2年前の訪問以来で3回目となりましたが、関係者の努力で廃炉作業が一歩一歩前進していることが確認できました。敷地内の放射線量の低減が進み、マスク無しの通常の服装で行動できる範囲は、1~4号機周辺を除く全域へと格段に広がりました。汚染水を多核種除去装置(ALPS)で処理したものを貯めているタンク群や、使用済み燃料の取り出し準備が進められている3号機のオペレーティング・フロアも見ることができました。ここでは事故後の原発の廃炉という、前例の無い作業に取り組んでいる訳で、慎重に粘り強く手順を踏んでいく事が肝要と改めて痛感しました。今月は、この後も数度被災地を訪問し、現状を理解し、解決すべき課題の把握に努めて行きます。

カテゴリー: 国政報告 |

国政報告(第454号)

 11月も最終週となり、臨時国会も昨27日(火)に懸案の出入国管理法等改正法案が衆院本会議で可決、参議院に送付され、一山超えた感じです。29日(木)の衆院本会議では、日EU・EPA協定の批准案や漁業法改正法案が議題となる見込みであり、来月10日(月)の会期末に向けては参議院を舞台に審議が進みます。国会の動きを見ながら、復興庁の業務をこなす毎日です。一方、新年度の税制改正を議論する党税制調査会も動き始め、予算編成に併せて今年度の第2次補正予算の編成指示も出るなど、年末に向けての事務作業がたけなわとなっています。

 先週末の24日(土)には台湾で国民投票により、我が国からの農産物の輸入規制の継続が過半数の支持を集めました。復興庁としては、外務省や農林水産省と連携し、福島など被災県の食の安全をPRし、科学的根拠に基づいた判断で規制を撤廃頂くよう、海外各国に働きかけているだけに、投票結果は残念に思います。一般国民レベルでの理解を得ることの困難さを再認識しつつも、その努力を粘り強く続けていかなければ、と想いを新たにしています。先週は、前号で綴ったように中国メディア関係者を被災地に受け入れており、21日(水)の夕刻に仙台に出向いて福島県を取材した率直な感想を伺いました。想像以上に復興が進んでいること、東電福島第一原発でも廃炉作業が進められていることなど新鮮に受け止められたようです。放射能の問題については、中国の科学者・技術者も招いて、専門的見地からの発信をお願いしては、との意見がありました。また、避難先から帰還した市民や、新たに農業に取り組む方、ボランティアとして域外から浜通りに入っている方など多様な現場の生の声を取材したいとの意欲的な話もありました。一方、中国国内の一般民衆レベルでは、素朴に風評は根強く残っていることも聞かされました。メディアの皆さんの精力的な取材活動に感謝しつつ、韓国を含め近隣諸国に対しても、「知ってもらう」、「食べてもらう」、「来てもらう」の姿勢で頑張っていきます。

 24日には福島県へ日帰り出張し、IOCのバッハ会長と安倍総理の県営あづま球場訪問に渡辺大臣とご一緒に立ち会いました。東京オリンピックの際にソフトボール6試合、野球1試合の開催が決定しており、バッハ会長の来訪を内堀福島県知事、木幡福島市長始め、福島商業高校野球部やふたば未来学園高校バドミントン部の皆さんが出迎え、歓談しました。スポーツを通じて人々を元気にするという精神で、「復興五輪」を充実させていきたいと思います。

 慌ただしい三連休でしたが、地元では高岡市射水神社の新嘗祭、南砺市での県山・鉾・屋台・行燈祭交流会議立野が原スキークラブ100周年祝賀会に出席しました。12月も東北・東京・地元の行き来が頻繁になりそうです。

カテゴリー: 国政報告 |

国政報告(第453号)

 21日(水)午後0時40分から衆議院東日本大震災復興特別委員会の初回会合があり、渡辺大臣の所信挨拶とともに政務三役から着任挨拶を行いました。今後、質疑も行われる予定であり、国会関係の仕事もスタートしました。この臨時国会の焦点となっている入国管理法等の改正法案の審議を巡り、野党側から葉梨衆院法務委員長の解任決議案が提出されるも、20日(火)の本会議で否決され、21日から審議入りとなりました。このほか、人事院勧告を実施する給与法改正案が衆院を通過、また、日EUのEPA条約の批准案件も衆院本会議質疑を終えて外務委員会に付託されるなど、国会運営にエンジンがかかってきました。

 復興庁では、19日(月)に中国のメディア関係者14名の来日を受けて歓迎挨拶を務め、被災地の現状を率直に取材・発信してもらうようお願いしました。海外では、東電福島第一原子力発電所の事故を受けて我が国からの農林水産品に様々な輸入規制措置が取られました。その後の推移の中で順次緩和されてきているものの、中国では福島はじめ10都県の全ての食料・飼料の輸入停止措置が継続されています。幸い、先月25日(木)の中国での安倍総理と李克強中国首相との会談では、科学的評価の基礎の上に輸入規制を緩和することを積極的に考えたい旨の表明がありました。今回のメディア関係者の取材で、被災地の復興の現状、農林水産品の厳重な放射線検査、また、福島第一原発の廃炉の取り組みなどをつぶさに見て頂き、中国の皆さんに東北の真の姿を知って頂くことで輸入規制緩和や観光客の増加のきっかけになれば、と願っています。

 先週末は、16日(金)に石巻市の亀山市長、木村議長始め皆さんの要望に応対した後、富山に戻りました。17日(土)は高岡法人会の皆さんの税制改正要望を受け18日(日)は県連の政経文化セミナーに出席しました。講師は、岸田政務調査会長、石田総務大臣、金美齢さんで、現下の政策課題、地方創生の取り組み、富山へのエールなどそれぞれにお話し頂きました。4千人を超える来場となり、皆さんのご支援に改めて感謝申し上げます。

 週明けの19日に上京の後は、前述のほか、20日に復興庁で仙台平野沿岸地区土地改良区復旧・復興推進協力会の今野会長ほか皆さんが来訪されました。地震・津波の被害を受けたから農地や排水機場が復旧し、農業法人等による大規模営農、新規作物や太陽光発電の導入など新しい農業の芽が育っている旨、力強い報告を頂きました。復興庁では「新しい東北」という将来ビジョンを合言葉に掲げていますが、復興から創生への歩みもしっかり応援していきます。

 21日(水)の夕刻、日帰りで仙台に出向き、前述の中国メディア関係の皆さんから福島訪問後の感想を伺いました。これからの風評払拭の取り組みへのヒントが幾つもあった点、次号で報告します。

カテゴリー: 国政報告 |

国政報告(第452号)

 11月も半ばとなり、国会周囲の銀杏の葉も大分黄色くなってきました。臨時国会も召集から3週間を経過し、13日(火)の衆院本会議では、焦点となっている出入国管理法等改正案の趣旨説明・質疑がありました。長期にわたる緩やかな景気回復と人口の高齢化に伴う労働需給のひっ迫を受け、全国各地で様々な業種において深刻な人手不足に悩む実情があります。女性・高齢者の活躍の場を拡げるだけでは追い付かず、本法案により、一定の要件を満たす外国人労働者に在留資格を与えて受け入れる制度を創設しようとするものです。政府答弁では、制度の対象となる希望があるのは14業種とされており、それぞれに今後5年間の受け入れ予定を見積もり、近日中に公表するとされています。野党側からは、公表後でなければ具体的な審議に入れないとの意見や、既存の外国人研修生制度の問題点への対応が先決との意見が出ています。人手不足への対応の必要性については、大方の一致する所と思われ、出入国管理の適正な運用や外国人労働者の労働基準の保持といった論点を整理し、今国会での成立を期し、政府としても努力すべき局面です。

 さて、先週末の9日(金)は、福島県のアンテナショップ「日本橋ふくしま館(ミデッテ)」にて農業高校の皆さんの出張販売を激励し、富山に向かいました。10日(土)は、党射水市連作道支部総会の後、歯科医師の先生方で組織頂いている私の後援会にて東北の復興の現状をお話しする機会があり、被災地へ引き続き想いを寄せて頂くようお願いしました。秋晴れの11日(日)は、桜井小矢部市長の4選を目指す出陣式で挨拶の後、山形3区の加藤鮎子代議士をお招きした富山県第3選挙区女性部の年1回の講演会に参加しました。ご自身が政治と関わったきっかけから、我が国の政治分野での女性活躍の現状、さらにはご自身の経験を踏まえ、将来の変化への期待を真摯に語って頂きました。夕刻には南砺市城端の善徳寺の修復工事竣工式に出席し、桜井市長の無投票当選のお祝いは翌日が在京当番のため失礼して新幹線で上京しました。

 今週は新年度予算の編成作業が佳境に入る時候でもあり、各種団体の全国大会が相次いで開催され、首長さんを始め地元関係者も多数上京されています。13日朝には北陸経済連合会役員と北陸3県選出国会議員との懇談会や全国史跡整備市町村協議会、全国漁業者大会と顔を出す間に、沖縄振興調査会・美ら島議連の合同会議で新年度の税制改正要望をまとめました。14日(水)も、日本海沿岸地帯振興連盟総会、地すべりがけ崩れ対策都道府県協議会総会、全国市長会役員の皆さんとの意見交換会と出席する一方、復興庁にて東北市長会の谷藤会長(盛岡市長)ご一行の要望に副大臣として応対しました。引き続き、新年度の予算・税制のとりまとめに向け、持ち場で役割を果たすべく努力していきます。

カテゴリー: 国政報告 |

国政報告(第451号)

 臨時国会も審議が進み、昨7日(水)には補正予算が参議院本会議で可決成立しました。西日本豪雨や大阪北部地震・北海道胆振東部地震からの復旧・復興を主眼に、全国の小中学校の教室へのクーラー設置費用も盛り込まれています。富山県では、市町村にて後者への対応が本格化するでしょう。今後については、出入国管理法等改正法案が焦点となっていますが、併せて漁業法改正案や人事院勧告に対応した公務員給与引き上げ法案も提出されており、各委員会で審議が進むものと思います。復興庁でも衆参の特別委員会に対応して参ります。

 11月に入り、東京でも銀杏が色付き始めましたが、先週末の富山の冷え込みには驚かされました。3日(土)は、文化の日らしく快晴の下、南砺菊祭りの開会式に出席し、午後は高岡市二上地区の万葉社会福祉センター祭りで挨拶しました。会場入り口で、市立万葉小学校5年生の皆さんがボランティアで出迎えて下さり、ほのぼのした気分になりました。4日(日)夕刻、四方県議の後継として来春の県議選に立候補を決意した八嶋浩久さんの後援会設立総会に出席後、上京し、5-6日(月-火)は復興庁の在京当番でした。

 5日(月)朝は、南砺市太美山地区の皆さんが国会を来訪されました。国政に携わる機会を得てから4度目の激励を頂き、深く感謝しています。また、党高岡市連青年部の有志の皆さんも進展著しいIoTの現状について、総務省の担当者を講師に勉強会を持たれました。また、7日(水)には高岡土地改良協議会の農水省濱村政務官への要望に同行したほか、高岡市議会自民同志会の皆さんが復興庁を訪問され、復興の現状について担当官のレクチャーを受けて頂きました。震災の発災からやがて7年8か月、宮城県では仮設住宅に残る方が1,632人まで減少し、大方の自治体では「住まいの復興」に一定の目途が立ってきています。一方、コミュニティの再生や生業(なりわい)の復興は道半ばであり、まして原子力災害の影響を強く受けている福島県の浜通りではようやく避難解除を受けた地域で復興が本格化しようとしている段階です。また、農林水産品や観光などの面で風評被害が払拭されたとは言い難い実情です。復興庁でも「知ってもらう・食べてもらう・来てもらう」の3本柱で「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」を展開しており、被災地の実情に関心を寄せて頂けるのはありがたい事です。

 6日(火)には、復興五輪担当副大臣としてオリンピック・パラリンピック組織委員会の布村副事務総長にご挨拶しました。県人の先輩であり、これまでにも聖火リレーの起点を福島県にして頂き、野球・ソフトボール(福島県)、サッカー(宮城県)の試合を被災地で一部実施予定として頂くなどお世話になっています。「復興五輪」という前回には無かった新たな担務にも努力して行きます。

カテゴリー: 国政報告 |

国政報告(第450号)

 この国政報告は50号毎に小冊子にしており、本号で9冊目となります。振り返れば、昨夏に復興副大臣を退任し、4期目に入らせて頂いて副幹事長、予算委員会理事、選挙対策委員会事務局長など党務と国会審議に汗をかき、通常国会では7本の議員立法に関わりました。各種選挙については、新潟県知事選の勝利を受けて9月に4週間駐在して臨んだ沖縄県知事選は8万票差の敗戦に終わりました。深い反省の中、改めて復興副大臣を拝命し、再び東北・東京・富山を行き来する毎日が戻ってくるまで、小泉代議士と取り組んだ国会改革の提言、中国・東南アジア訪問、6年ぶりの総裁選など多くの経験が詰まった一年間でした。地元で支えて頂いている皆様始め、様々な方々のご厚意は、感謝に堪えません。今後は500号・「国政10年」の節目に向かい、努力して参ります。

 今週の国会は、10月29~31日(月~水)に衆参で2日間づつ各党の代表質問がありました。内政では来年10月の消費税引き上げに係る諸政策、外交では最近変化に富むロシア、中国、韓国、北朝鮮への対応、そして安倍総理の提起する憲法改正を巡り、論戦が交わされました。ついで11月1日(木)からは、当面の災害復旧・復興と学校へのクーラー導入支援を柱とする補正予算案の審議が衆院予算委員会で始まりました。この後は、12月10日(月)までの会期内に、外国人人材の受け入れ、漁業政策の改革、人事院勧告への対応、日EUEPA批准などの案件処理が課題です。

 一方、復興庁の業務では、4度目の出張にて30日夜に仙台に入り、31日は宮城県の岩沼市丸森町山元町松島町、塩竃市、七ヶ浜町と6市町を訪問し、近況を伺いました。いずれも、「住まいの復興」はほぼ終わり、首長さんたちの思いも、生業(なりわい)の振興を含め、復興から新たな地域づくりへと、より前向きになっていました。一方、丸森町など県内内陸部に東電福島第一原発の事故に起因する放射性廃棄物が残存しており、その処理が依然として課題であることを認識し、宮城県はもとより所管の環境省と連携して対応しなければ、と痛感した次第です。塩竃市では、地元企業と東京等の企業担当者との語り合いを通じて商売のマッチングを図る「結の場」の23回目に主催者(復興庁・塩竃市)代表として出席、挨拶しました。帰京後、キャリー・ラム香港行政長官の公式訪日に際してのレセプションに渡辺大臣、加藤次官ともども出席しました。香港は今般、日本からの農林水産物の輸入規制を一部緩和しており、御礼と併せ、福島県に係る輸入停止措置の見直しを要請しました。

 先週末は、高岡市で裏千家淡交会の北陸・信越地区大会に出席山本徹県議の後援会総会福島小矢部市議会議長の就任祝賀会にも顔を出しました。東京では30日夕刻に県JA青年部の役員の皆さんとの恒例の懇談会にも出席し、秋本番の活動が続いています。

カテゴリー: 国政報告 |

国政報告(第449号)

 猛暑、台風と激しい夏をもたらしたお天気も最近はすっかり秋らしくなり、東京も銀杏が次第に色づく毎日です。臨時国会も始まり、会館、議事堂、復興庁を行き来しながら仕事を進めています。

 先週末は18日(木)の夜に富山に戻り、19日(金)の朝、富山市で開かれた第26回全国消防操法大会の開会式に出席しました。各県代表の消防団の精鋭が集う本大会は、2年に一度、地方で開催されており、高野県消防協会長(現県議会議長)や県庁が誘致に努められました。私も党政調の総務部会長として、当時は各方面への要望に同行しており、県代表の砺波市消防団庄下分団がポンプ車の部で準優勝した事と併せ、嬉しい日でした。その後、南砺市に向かい、田中市長、武田県議ほか県・市の皆さんと金沢福光連絡道路の現道を実地で見学しました。福光地区から太美山地区・刀利ダムを経由し、金沢市の湯涌温泉近くへ抜ける本路線は、県境前後の幅員が狭く、冬季は通行止めとなる状態です。南砺・金沢両市の関係者が通年の往来を可能にするべく、バイパス等の整備を求めて長く運動を続けておられ、一度現状を確かめようと伺った次第です。刀利ダムから先は石川県・金沢市の関係部局に案内頂き、沿線自治会の皆さんにもお会いしました。まずは円滑な対面交通に資する退避場所の整備から進めるとする富山県の新方針を一歩前進と受け止め、粘り強く取り組んでいきます。夕刻には、県経済同友会例会にて北海道開発庁時代の上司の小磯修二さんが講師で来県され、地方創生をテーマとした講演を拝聴し、歓談の機会を得ました。

 20日(土)は翌日告示の氷見市議会議員選挙に我が党推薦で立候補予定の14陣営を堂故参議院議員、四方・薮田両県議とともに激励しました。21日(日)は高岡市吉久地区の「さまのこアート」の催しに顔出しの後、四方県議の後援会総会に出席、来春の県議選に向け、八嶋浩久氏へのバトンタッチが承認されました。

 22日(月)は早朝から宮城県へ2度目の出張となり、渡辺大臣に随行して名取市閖上地区東松島市野蒜地区女川町中心部石巻市門脇地区新蛇田地区と4市町を訪問、各首長に1年ぶりにお会いしました。いずれも住まいの復興が進展して最終段階を迎えており、新たなまちづくりへの意気込みを伺うことができました。石巻では、災害公営住宅で町内会づくりに取り組む皆さんのお話も聴き、コミュニティ再生支援の取り組みの必要性を確認しました。その後、大臣と別れて仙台に戻り、宮城県市長会の佐藤会長(塩竃市長)、菊地多賀城市長、大友角田市長のご要望を受けました。

 24日(水)に第197国会(臨時会)が召集されました。開会式後の安倍総理の所信表明演説では、「創造と可能性の地」としての東北を創り上げていく決意が述べられました。復興庁の一員として、その実現に努力していきます。

カテゴリー: 国政報告 |

国政報告(第448号)

 週明けの15-6日(月-火)と、復興副大臣着任後初めて宮城県を訪問しました。現場を訪ね、課題を把握し、解決に務めるという仕事の基本線で取り組んでいきます。

 先週末に復興庁で各担当の業務の現状について一通り説明を受け、12日(金)夜に富山に戻りました。13日(土)朝は高岡市吉久地区に㈱高岡市衛生公社が整備された「TEKリトルパーク」のオープニングに出席しました。万葉線㈱に残されていた、戦後間もなく活躍した5000系電車を引き取り、見事に修復、展示に至ったものです。この電車は、廃線されてしまったかつての射水線も通って、高岡と富山を往復していた花形です。現役を退いてからは除雪車として活用された後、廃車状態となっていました。朽ち果てさせるのは惜しいと関係者から声が上がっていた所、衛生公社さんにて引き受けられ、JR関係者の協力を得て昔の姿に戻して頂きました。併せて、公園の前面は道路の拡幅に協力され、吉久電停が安全な島式に整備されました。吉久地区の街並みが、国の重要伝統的建造物群の指定を目指している折、民間の力で地域に名所ができ、安全も確保されたことは嬉しく、感謝の挨拶をさせて頂きました。夕刻は、酒井県議の集会に出席し、来春の県議選に向けて皆で激励しました。

 14日(日)は新湊かにカニ白えび海鮮祭り陸上自衛隊富山駐屯地56周年記念式典国道471号利賀大橋竣工式など顔を出し、15日は大宮で北陸新幹線から東北新幹線に乗り換えての東北出張となりました。初日は宮城県南三陸町気仙沼市、2日目は仙台市亘理町利府町と庁舎を訪問し、村井知事始め各首長さん方にお会いしました。1年2か月ぶりの宮城県でしたが、この間に復興が着実に前進し、とりわけ仮設住宅に避難を余儀なくされている方が2千人台となるなど、「目に見えて」進んでいる事を実感しました。要望でも、復興庁の設置期限の平成32年度末以降の住民のケアや産業振興などソフト系の取り組みへの国の財政支援継続を求める声が強く出ました。三陸縦貫道路も南三陸町から気仙沼市へと供用区間が伸び、昨春に本設のオープンに立ち会わせて頂いた南三陸さんさん商店街の来店者数が早くも100万人を突破するなど、復興から新たなまちづくりへと前進する姿に感銘を受けました。一方、防潮堤などこれから工事を進捗させなければならない個所もあり、気を抜くことなく、事業全般の状況把握に努めたいと思います。「復興五輪」に向けては、サッカーの会場となる利府町から、県内市町村のPRブース設置の提案があり、大会運営上、許容されること、されないことのガイドラインを早期に示してほしいと要請を受けました。このように、被災地の現場から出てくる情報を庁内で共有し、対処していきます。

 臨時国会の24日(水)召集が確定しました。来週からは議事堂の中の動きも併せてお伝えしていきます。

カテゴリー: 国政報告 |

国政報告(第447号)

 本号からは、復興副大臣としての国政報告となります。まずは5日(金)に官邸で安倍総理ほか各閣僚がメンバーの第21回復興推進会議に出席しました。復興の現状が報告され、更に加速化に向けて努力することとされました。次いで復興庁にて土井前副大臣との新旧交代式に臨みました。昨年8月に渡したバトンを再び受け取ることとなり、土井前副大臣の尽力に感謝しつつ、各省庁に横串を刺す復興庁の機能を大いに発揮して頑張っていこうと、幹部職員の皆さんに挨拶しました。大伴家持卿が越中国司として赴任して最初に詠んだ歌、「秋の田の 穂向き見がてり 吾が背子が ふさ手折りける 女郎花(をみなえし)かも」を朗唱し、仕事に入りました。

 主担当となる宮城県など現地への出張は準備を整えて、ということで、5日夜に地元に戻り、6日(土)は高岡市伏木で恒例の大伴家持卿顕彰祭に参列し、29回目を迎えた万葉集全二十巻朗唱の会に参加するなど、万葉集一色の日になりました。家持卿は現在の宮城県多賀城市で生涯を終えており、菊地市長さんとは私の市長在任中からのお付き合いがあります。復興の仕事は家持卿のご縁とも感じています。心配された台風25号の影響もあまり大きくないまま、明けて7日(日)は射水市で県看護連盟の集会に出席し、来年夏の参議院選挙に比例区で再選を目指す石田昌弘参議院議員の講演を聴きました。看護師の皆さんの働き方改革について、具体的な例を挙げたお話が心に残りました。祝日の8日(月)は富山市で県私立幼稚園・認定子ども園大会税理士政治連盟の国政報告会に出席するなど、久しぶりに地元の空気をいっぱい吸い込みました。

 9日(火)朝に上京し、復興庁での所管事項説明が始まりました。昨年8月以来の動きをフォローし、党に戻っていた間の変化の把握に努めています。ハードの整備は着実に進んでおり、住まい・なりわいなどソフト面の課題も時間の経過に伴い変化しています。「新しい東北」という、創造的復興の実が挙がるよう、また、本格的復興の時期に入ったとされる福島での諸事業の進捗を図っていきます。この間、10日(水)には高岡市の高橋市長、狩野議長、11日(木)には南砺市福光南部地域の皆さんが激励に訪問下さり、元気を頂きました。また、10日夜には国土交通省富山県人会の集いがあり、綿貫先生、野上副長官、石井知事ほか県庁の皆さんとご一緒しました。東北地方整備局に復興事業の執行面で尽力頂いていることに御礼を述べました。

 一方、臨時国会は24日(水)召集の見込みとなり、政府では今夏の水害や北海道胆振東部地震への対応と学校の冷房設置・ブロック塀対策を主体とする補正予算の編成が進められています。私たちも、衆参の復興特別委員会での所信質疑への心積もりなど、国会での議論への準備を含め、仕事を進めていきます。

カテゴリー: 国政報告 |
1 2 3 4 5 6 30